併用する

人間の体の約15%がタンパク質で、そのうちの約30%がコラーゲンです。
つまり人間の体の約5%が、コラーゲンというわけです。
そのためコラーゲンが失われれば、体の状態は悪くなっていきます。
肌は乾燥したりたるんだりしてボロボロの状態になりますし、関節がスムーズに動かせなくなるので、日常生活にも支障を来たします。
そのためコラーゲンは、美容と健康に欠かせない成分と言えます。
25歳くらいまでは体内で活発に生成されるのですが、その後は徐々に生成されなくなっていきます。
30代になると肌トラブルが増えたり体を動かしにくくなったりするのは、そのためです。
したがってコラーゲンは、若いうちから積極的に補充しておくことが大事と言えます。

コラーゲンは、美容クリームやサプリメントなどにより、肌や体内に補充することができます。
また、毎日の食事においてゼラチン質のものを多く食べるようにすることでも、補充することが可能です。
具体的には、鶏の手羽先や牛スジ肉や豚足などです。
いずれも煮ることでおいしい料理になりますし、煮ると脂質がある程度抜けるので、肉類とはいえ摂取カロリーをそれほど気にすることなく食べることができます。
また、ゼラチンそのものを食べることも効果的です。
粉末状のゼラチンを果汁と混ぜて冷やせばおいしいゼリーになりますし、羊羹やプリンにすることもできます。
つまり食事だけでなく、おやつとして摂取することもできるわけです。
おいしさを味わいながら、肌を綺麗にしたり健康的になれたりするので、メリットは非常に多いと言えます。